トイプードル

人気のトイプーを飼う

人気のトイプードルをブリーダーから購入する場合は、まずHPなどで子犬を探し、見学の予約を入れます。気に入った子犬がいた場合には購入の意思を伝え、子犬を迎える準備が済んでから連れて帰ります。特にトイプードル専門のブリーダーなら購入後も色々と相談にものってくれるでしょう。

柴犬

購入方法と相場を把握する

柴犬を購入する方法としては、ブリーダーやペットショップから購入する方法が一般的です。柴犬の子犬の値段は、もっとも多い毛色である柴色で8万円から18万円程度が相場となっており、その他の色は希少性から9万円から19万円程度の値段が相場となっています。

年齢や体調に合うご飯を

エサ入れ

使用する食材や保存方法

現在では、愛犬に手作りご飯を与える飼い主が増えています。手作りご飯は、愛犬の年齢や体質はもちろん、その日の体調に合わせやすいからです。つまり手作りご飯には、愛犬の健康を維持しやすいというメリットがあるのです。他にも、愛犬の好みに合わせることができたり、手作りによって一層愛情が増していったりというメリットもあります。犬用の手作りご飯には、たんぱく質が豊富で脂質が少ない鶏のササミや胸肉などがよく使われています。また、たんぱく質を多く摂取できる上に肉類よりも消化吸収されやすいタラなどの白身魚も、犬用の食材として適しています。もちろんビタミン類や食物繊維も摂取することが大事なので、野菜も使用します。ただし、タマネギなど一部の野菜を与えると、貧血状態になることがあります。そのため多くの場合、貧血の心配がない上に甘みがあって食べやすいカボチャやニンジン、さつまいもなどが使われます。いずれの食材も、基本的には茹でる必要があるのですが、愛犬の噛む力やに胃腸の状態に合わせて柔らかさを調節することが大事です。噛む力が弱い場合や、吐いたりしている場合には、柔らかく煮詰めるといった具合です。また、手作りご飯にはドッグフードと異なり基本的には防腐剤や保存料が入っていません。そのため保存する場合には、食品包装袋に入れて空気を抜いた上で、冷蔵庫に入れる必要があります。冷凍も可能で、この場合は1ヶ月ほど保存しておくことができます。また、十分に凍らせてから保冷袋に入れることで、旅行などにも持って行くことが可能となります。

ドッグフード

フードも大事

ドッグフードは多くの種類がありますが、店頭ではあまり販売されていないプレミアムフードというものがあり、通販で購入することができます。原材料などにこだわっていたり、アレルギーに対応していたりと、種類が豊富で人気です。